j

更年期障害と薄毛の関係

更年期と女性ホルモン

女性ホルモンの変化 人間の体は20代をピークに
老化していきます。
特に女性は40歳を境に女性ホルモンが
急激に減少していき、
50歳前後の閉経を迎えるころには
更年期障害と呼ばれる、
さまざまな症状が出てきます。

更年期障害の症状

更年期障害は卵巣機能の衰えによるため、
閉経後に見られると思われている方も多いようですが、
だいたい45歳から55歳くらいまでに多くみられます。
ただ、早い人では40歳前から症状が出るケースもあります。
症状は個人差があって、ほとんど更年期障害を感じない人から、
うつや引きこもりになる人まで人それぞれです。
多くの症状としては、首から上がほてり汗をかきやすくなる、
めまい、頭痛、動悸・息切れ、イライラ、倦怠感、不眠、性欲減退などです。
そういった体の変化の中に皮膚や髪の毛の老化も含まれてきます。

女性ホルモンの分泌低下と更年期障害

更年期障害と薄毛の関係

更年期障害と薄毛の関係 髪の毛の変化は男性の場合、早い人だと20代後半から薄毛になっていきます。
女性の場合は30代から白髪が見られ、
更年期に入ると女性ホルモン(エストロゲン)の
減少により、ツヤやコシがなくなり
髪の毛自体が細くなり、伸びる速度が遅くなって、
やはり徐々に薄毛になっていきます。
「気がついたら地肌が透けて見える。」
「結んで見るたら急に束が細くなった。」
といった少しずつ薄毛になるパターンと、
「シャンプーやリンス、髪をとかしている時に多く抜けた」
といった急にわかりやすく薄毛になる人まで、これもまた個人差があります。
いづれにしても更年期障害の一つといっていいでしょう。

女性の薄毛の特徴と対応策

女性の薄毛の特徴と対応策 女性の薄毛の特徴は、全体的に細くなりボリュームが
なくなることが多く、男性のように頭頂部からといった
わかりやすいケースは少ないようです。
しかも、更年期障害が大きな原因のひとつである以上、
逆にさらに年齢を重ねて更年期を乗り越えてしまえば、
ホルモンバランスが落ち着いてくるため、
脱毛や薄毛も少なくなってきます。
更年期を乗り越えた方、また、
薄毛や脱毛が気になり始めた方でも、
適切なお手入れと食生活や運動などで、
脱毛をくい止め薄毛を改善していくことも可能です。

AIKEI薬品では、おひとりおひとりと丁寧にカウンセリングさせていただき、
その方に合った改善方法を的確にアドバイスさせていただきます。
薄毛でお悩みの方は、是非一度ご相談ください。

お電話でのご相談は052-681-2561

お電話でのご相談は052-681-2561


Copyright(c) AIKEI All rights reserved.

QLOOKアクセス解析